注目キーワード
  1. コラボ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE

エスプレッソ

イタリア語で「早い、急行」の意味。
数十秒と短い時間で約30ccを抽出する。
イタリアのバールでは砂糖たっぷり加えて立ち飲みで楽しむスタイルが多い。

深煎りでパウダー状(極細挽き)に挽いたコーヒー豆を、加圧状態9気圧程度で抽出される。

通常のコーヒーと比べて極めて濃厚。
イタリアでは砂糖を入れて飲むのが一般的。

豆に含まれるカフェインの含有量はドリップ用の焙煎に比べ少ない。
また一杯の量が少ないため一杯当たりのカフェイン含有量もエスプレッソの方が少ないといわれる。

個人的な見解だが、
家庭用の「マキネッタ」(直火式エスプレッソマシン)は基本2~3気圧程度の圧力となるので、
厳密に言えば「エスプレッソ」とは言えないが一般的にはエスプレッソと言っても間違いではない。

その昔、イタリアのバールでしか飲めなかったエスプレッソを自宅でも楽しめるように
考案された画期的な道具。
イタリアでは『一家に1台』もしくは『一家に数台』ある国民的な道具だ。

PR