「おうち時間」コーヒーミルで世界が変わる

「コーヒーをミルで挽いて飲む」
たったそれだけの行動でとても驚かれることが多い。
その後は、ドリップ、マキネッタ、フレンチプレス、メーカー、様々なやり方があり、各人で異なると思うが、
この「ミルで挽く」という行為は共通することだと思う。
ミルはピンキリで、性能により価格もかわってくるものの、
安い手挽きのミルならば、1000円きるものもたくさんあり、
そのミルでも十分「一味違うコーヒー」にすることができる。
簡単だ!『コーヒーを飲む直前にミルで挽くだけ。』
たったそれだけで、「人から驚かれるような世界」が開ける。
ようは「やるかやらないか」だけ。
理論的には、「コーヒーは粉の状態より豆の状態のほうが酸化が遅くなる」
「香りをより温存できる」
最初は安いものでいいのでコーヒーミルを手に入れてみれば、
世界が変わる。