注目キーワード
  1. コラボ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE
CATEGORY

Samurai’s File

Samurai’s File6『CLEVER クレバー コーヒードリッパー』

長く愛され続けるコーヒー器具「クレバー」『浸漬式ドリッパー』の代表格といっても過言ではない。非公式ではあるが、「透過ドリッパー」としても使用可能だ。料理人の方はこれで出汁を採る方もいるらしい。 仕事場ではこのクレバーは常にレギュラーメンバーとして使用している。それだけ『簡単』に美味しいコーヒーを淹れることができるからだ。 わたしの記憶が確かなら、何年も前にブルータスか何かで特集が組まれ、一気に知名 […]

Samurai’s File5『Beasty Coffee by amadana ビースティコーヒーアマダナ コーヒードリッパー マットブラック』

このドリッパーを初めて手にしたとき『美しい…』という言葉がでた。 様々なデザイン雑貨を手掛ける「amadana」がコーヒードリッパーを作るとこうなる、まさにそれだった。 金属と磁器のコラボレーションが生み出す美しさ! この全く違う素材を見事に調和させた秀逸の道具。その性能もしっかりと計算され、コーヒードリッパーの機能的レベルも高い。 毎日でも使用したくなる攻守のバランスが良いコーヒードリッパーだ。 […]

Samurai’s File4『月兎印スリムポット ミニチュア』

月兎印は国内の老舗メーカー。なぜあえて「ミニチュア」を今回選んだのか。 本物の月兎印は長年愛されてきたドリップポット界のレジェンド。それの『月兎印スリムポット1.2Lの1/4サイズミニチュア6色』だ。 道具好きにとって「ミニチュア」というアイテムもまた心くすぐるアイテム。インテリアとしてちょこっと飾るのにとてもかわいい。 実物のポットも持っているので愛着もある。コーヒーは自由。自由に楽しむ。こうし […]

Samurai’s File3『ORIGAMI オリガミドリッパー』

このコーヒードリッパーを見た時の印象は『まるで花火のようなドリッパー』その美しさにため息がでた。 美濃焼の美しさを改めて実感する。 20あるヒダがドリッパーとペーパーの間に空間を作ることで、お湯の抜けをスムーズにし、多彩な抽出を表現。速度コントロールも自由自在。 このドリッパーを上から見るのが好きである。まさに芸術デザイン。コーヒー道具はデザインも重要。

Samurai’s File2『BIALETTI ビアレッティ 100周年 モカエキスプレス 3カップ』

100周年を祝うシリーズのモカエキスプレス。限定モデルだったため、今は販売されていないかもしれない『レッドカラー』 個人的には数あるマキネッタ(mokapot)の中でデザイン的に上位3位に入るお気に入り機種だ。構造的には通常の「モカエキスプレス」と同じ。 1919年から続けているCreativityとPassionから様々な商品が誕生し世界中にファンは数えきれないビアレッティ。記念シリーズは赤色の […]

Samurai’s File1『安清式 木の器』

コーヒーも香りを楽しみながら味わう時代がやってきた、そんな印象を肌で感じたアイテムだ。発売から数年たっているが、当時の「木製」のカップ類はひどい仕上がりの物が多く、お湯を入れると歪みがひどく、漏れてしまった。 『日本の匠が製作-山中漆器-』そんなときにこの「安清式木の器」が登場した。丸太材を縦方向に切り抜く「縦木取り」の手法により、長年の使用でも曲がりや劣化が起きにくい高い耐久性を備えること。木材 […]