注目キーワード
  1. キャンプ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE

日本国産コーヒー『やまこうファーム』さんで見学・試飲してきました|JAPAN COFFEE

今回は岡山県『やまこうファーム』さんにて 国産コーヒーの見学・試飲をしてきました。 日本の大地に植わる『コーヒーの木』。 ここは日本コーヒーの聖地だ!? オーナー制度もあるやまこうファームさんのホームページはこちら https://www.yamakoufarm.co.jp/ たわわに実るコーヒーチェリーを国内で見れるなんて! 最高の経験となりました。 ※2022/11/16 の動画です。 ━━━ […]

川の流れのように注ぐ!『CHEMEX ケメックス6カップ用』と『Able Kone Coffee Filter』でペーパーレスドリップ

1941年米国の科学者ピーターシュラムボーム博士によって開発された約80年の歴史を誇る銘品一体型ドリッパーである。 実験室に転がっているフラスコをコーヒーメーカーの代用として 日常的に使用していたことにヒントを得て製作されたといわれています。 ガラス、木、革紐から成るデザインはとても優しい雰囲気で、 コーヒーのあるシチュエーションにマッチしています。 MoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネン […]

コーヒー豆の「産地」と「焙煎具合」の解説とおすすめのコーヒー豆3選

皆さんの自宅の近くにコーヒーショップはありますか?最近ではよほど地方や離島でない限りは、コーヒーショップが生活圏内にあるはずです。(「カルディ」が出店している大型ショッピングモールも多いですよね)しかし、コーヒー豆はとにかく種類が多いので、「どの豆を買えば良いのか分からない」といった人も多いはずです。近年のキャンプブームによって、「キャンプで本格的なコーヒーを味わいたい」と思っている人も増えてきて […]

コーヒーを『嗅覚』『味覚』『視覚』トリプルで味わおう!AVENSI アヴェンシ コーヒーグラス

コーヒーをより楽しむために専用のグラスで飲む。 コーヒーの楽しみ方もここまできた^^ 空気を吹き込み微細なコーヒーの香りを広げ、 美しい香りを集中的に鼻と口へ届ける構造となっているグラス。 3種類のグラスがそれぞれの深みへの導いてくれる。 ■1つ目は、コーヒー自体の深みと、風味のバランスを整える『VIDA(ヴィダ)』。 ライトローストからダークローストまで幅広い豆に合います。 ■2つ目は、香りを最 […]

ビアレッティブリッカ 「細挽き」と「中挽き」で抽出の違いを比較してみた〔561th〕

マキネッタ推奨のコーヒーの挽き目は 『細挽き~中細挽き』です。 極細挽きはNGなんです。 (正式なエスプレッソは9気圧で抽出が基本。マキネッタは直火のため2~3気圧程度といわれています) では、 推奨の『細挽き』で抽出と ドリップ用『中挽き』で抽出と どのように仕上がりが変わってくるのか。 比較してみました。 ※この動画は2022.10.20時点での情報です。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ […]

CORES コレス 充電式ポータブルコーヒーグラインダー C350

【makuakeページ】 https://www.makuake.com/project/cores02/ (2022年10月30日まで) 【Cores公式ホームページ】 https://cores.coffee/ ついにここまできたか! 充電式電動コーヒーグラインダー^^ Cores(コレス)充電式ポータブルコーヒーグラインダーC350 工夫されたコンパクト仕様に確かなグラインド能力! キャンプ […]

Soulhand 2-IN-1ポータブルコーヒーグラインダー

クラウドファンディング掲載 https://greenfunding.jp/lab/projects/… (2022年10月31日まで) また新たなコーヒーグラインダーがでてきました! 『手動』と『電動』両方使えるハイブリッド型のコーヒーグラインダー。 タイプCのコードで充電可能。 約2時間でフル充電し、30回ほど(コーヒー約20g)使用できるとのこと。 手廻し用のハンドルはベアリング […]

キャンプに持っていくコーヒー豆の注意点

キャンプでコーヒーを楽しむ人も多いですよね。お気に入りのコーヒー豆をキャンプ場に着いてからグラインダー(ミル)で挽いて飲めば、最高の味わいを楽しむことができます。しかし、意外とその「キャンプ場に持っていくまでの管理方法」は意識していない人が多かったりします。最高の味わいを実現するためには、自宅からキャンプ場に持っていくまでの管理方法もこだわった方が良いと言えるでしょう。この記事では、そんな「キャン […]