注目キーワード
  1. コラボ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE
MONTH

2020年10月

TIMEMORE コーヒーグラインダー SLIM スリム 試し切りとNANOとの比較

タイムモアというメーカーは日々進化している。 同じ機種でも改良を重ねていく。 新商品や刃の形状、これから楽しみなメーカーだ。 今回は「スリム」という機種を使用してみた。 NANOと比べて、ハンドルは折りたためないが、 その分挽き心地はいい。 20g容量でありながら、細身でグリップしやすく、 持ち運びにも便利。 NANOとG1という機種のいいところを平均したような万能機種だ。

【質問コーナー】ビアレッティ ブリッカ お手入れ方法について| BIALETTI Brikka

寒くなってくるとマキネッタのコーヒーがより恋しくなる! そして最近はキャンプでもよく見かけるようになった。 濃厚美味しいmokaコーヒーに少しだけ圧力をプラス! それがこのビアレッティブリッカという機種だ。 今回はそのお手入れ方法について聞かれたので簡単に動画にしてみた。 ■水洗いするタイミングについて(0:55) ■洗剤で洗っていいの???(1:30) ■パッキンをはずしてみる(2:50) ■オ […]

「Kadou M1 コーヒードリッパー」お茶・コーヒー文化が盛んな台湾と波佐見焼のコラボ

「台湾」といえば「お茶」が有名ですが、 コーヒー文化も非常に盛んで、実際に、2012年『USA Today』が発表した世界の10大珈琲都市に、台北がアジアから唯一選出。 2016年には台湾人バリスタBerg Wu氏がWorld Barista Championshipで優勝しました。 そんな台湾の方が考案し、日本の「波佐見焼」で製作したコーヒードリッパーがKadou M1 コーヒードリッパーです。 […]

1杯のコーヒーでも胃が痛くなるからコーヒー飲めない!という方に試してもらいたいこと。

「コーヒー飲みすぎ」で胃が痛くなってしまっていたらなんとも言えませんが、「少量でも胃が痛くなるのでコーヒーが苦手なんです」といった相談を受けたときに一度試していただきたいのが、「焙煎する前に生豆を洗う方式で焙煎しているコーヒー」を試してみることです。 自分でやってもわかるのですが、焙煎する前の生豆を40℃くらいのお湯をボウルにため、すすぐくらいで2、3回洗ってみると、すごく汚れが見てわかります。ま […]

ビアレッティ ブリッカ サクッと解説!要点まとめました。BIALETTI Brikka

自宅やキャンプで濃厚なモカコーヒーを飲むなら「マキネッタ」! 水をセットして、コーヒーセットして火にかけるだけ。 イタリアでは一家に一台持っているといわれる道具。 その中でもビアレッティブリッカは、抽出口に「オモリ」を装着した変わり種だ。オモリにより圧力をプラスし、通常のマキネッタに比べ、ある程度のクレマを出すことが可能になる。 濃厚なモカコーヒーはミルクや豆乳との相性もバッチリ! 自宅で気軽にカ […]

Kamira カミラ 自宅で「アイス豆乳ラテ(ソイラテ)」

自宅でも美味しい「ソイラテ」。 カフェで飲むような濃厚なカフェラテやソイラテを自宅でも飲みたい! そんなときは「5気圧」まで圧力をあげられる直火式エスプレッソマシン「カミラ」がおすすめだ。 正式なエスプレッソは「9気圧」必要だが、十分な濃厚さとクレマがたつ。 もちろんストレートで飲んでもOK!

質問コーナー「TIMEMORE タイムモアG1 清掃のための分解と組立」

※2020.10.06時点でのタイムモアG1の解説です。 (予告なく仕様が変更になる場合があります) タイムモアに限らず、手動ミルの清掃を行う際に注意が必要なのが、はずした部品をなくしたり、組み立てる順番がわからなくなってしまうことだ。これはよくあることなので、動画に残しておきたい。

続・Kamira カミラ 直火式エスプレッソメーカー 使い方3つのコツ

※2020.10.02時点でのカミラの解説です。(カミラは予告なく仕様が変更になる場合があります) イタリアのバールで飲んだエスプレッソは最高だった! エスプレッソというと、ドリップコーヒーとは全く違う濃厚で深みのある嗜好品だ。 バリスタさんが見事な手さばきでポルタフィルターにコーヒーをセットし、エスプレッソマシンを操作して濃厚な液体を抽出する。 その姿はとても恰好いい。 もちろんバリスタさんによ […]