TIMEMORE コーヒーグラインダー SLIM スリム 試し切りとNANOとの比較

タイムモアというメーカーは日々進化している。
同じ機種でも改良を重ねていく。
新商品や刃の形状、これから楽しみなメーカーだ。

今回は「スリム」という機種を使用してみた。
NANOと比べて、ハンドルは折りたためないが、 その分挽き心地はいい。
20g容量でありながら、細身でグリップしやすく、
持ち運びにも便利。
NANOとG1という機種のいいところを平均したような万能機種だ。