Samurai’s File1『安清式 木の器』

コーヒーも香りを楽しみながら味わう時代がやってきた、
そんな印象を肌で感じたアイテムだ。
発売から数年たっているが、当時の「木製」のカップ類はひどい仕上がりの物が多く、
お湯を入れると歪みがひどく、漏れてしまった。

『日本の匠が製作-山中漆器-』
そんなときにこの「安清式木の器」が登場した。
丸太材を縦方向に切り抜く「縦木取り」の手法により、長年の使用でも曲がりや劣化が起きにくい高い耐久性を備えること。木材由来の臭いやウレタン塗装の臭いが出ない技術。
これにより強度がまし、木製でありながら「ワイングラス」のような形状が誕生。

それでもしばらくは「湯漏れ」が発生していたが、それも数年の後に改善された。
熟練の職人が1つ1つ轆轤(ろくろ)で製作するこのカップは
まさに「Made in JAPAN」。
世界に誇れる日本の技術だ。

Have a nice coffee life:)
COFFEE SAMURAI