カフェオレとカフェラテ

カフェオレとカフェラテの共通点と相違点

カフェ・オ・レはフランス語で「ミルク入りコーヒー」の意。

濃いめのコーヒーと温めたミルクを「ほぼ半々」に入れたもの(お好みでもOK)。「レ」はミルク(牛乳)の意味。

カフェ・ラテはイタリア語の造語で、コーヒーに温めた牛乳を加えたもの。コーヒーは「エスプレッソ」を用いることが多い。

ラテはイタリア語ラッテからミルク(牛乳)の意味。

​どちらもいわゆる「コーヒー」にミルクを入れたもの。

つまり「コーヒー」が違います。

カフェオレのコーヒーは普通のコーヒー。
カフェラテのコーヒーは「エスプレッソ」。

基本的な容量

ミルクの量は絶対にこの量と言うことはなく「個人の好み」でOK!

カフェオレの場合は基本「通常コーヒー50%:ミルク50%」
カフェラテの場合は基本「エスプレッソ20%:ミルク80%」
※日本で主に飲まれるアメリカ式のカフェラテには、「スチームミルク」

イタリア式のカフェ・ラッテには、「普通のミルク」が使われたりする。