注目キーワード
  1. コラボ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE

キャンプで極上のコーヒータイム!おすすめの淹れ方5選

キャンプと言えば、バーベキューや自然を満喫するのがスタンダードな楽しみ方ですよね。
しかし、大人のキャンプの楽しみ方としては、「極上のコーヒータイム」が挙げられます。
コーヒーを愛する人は世界中に数多くいますが、何故かアウトドアで飲むコーヒーはとびきり美味しいものです。
せっかくのキャンプですから、インスタントではなく、本格的にコーヒーを楽しみましょう。
この記事では、そんな「キャンプでおすすめのコーヒーの淹れ方」について解説していきたいと思います。

キャンプでおすすめのコーヒーの淹れ方

自分好みのコーヒー豆を選ぶのもとても幸せな気分になりますが、「どのような淹れ方で飲むのか」も非常に重要なポイントです。
専用の道具でゆっくりと時間を掛けて本格的なコーヒーを楽しみましょう。
事前に購入するものもありますが、その道具にも愛着が湧き、キャンプに行くのがより楽しみになるはずですよ。
それでは、さっそくおすすめのコーヒーの淹れ方を挙げていきましょう。

ハンドドリップコーヒーを楽しむ

ハンドドリップ

シンプルでいてとても奥深い淹れ方なのが、「ハンドドリップコーヒー」です。
挽いたコーヒーの粉をフィルターに入れ、コーヒーカップ(サーバー)にセットしてお湯を注ぎます。
コーヒーの淹れ方で一番馴染み深いかもしれませんね。
最近はコンパクトで便利な道具もたくさん発売されており、キャンパーさんにもおすすめです。
フィルターを通すことで雑味が取れ、よりスッキリとした味わいを楽しむことができます。
お湯の注ぎ方や豆の粗さ、お湯の温度などによってかなり味わいが変わるので、意外と奥が深い楽しみ方でもあります。

 
コーヒーサムライ
ハンドドリップにも「ペーパーフィルター」や「ペーパーレス(ステンレス)フィルター」なんかもあって、それぞれ好みが分かれるんだよ^^
 
大五郎
へーーーそうなんだ!色々なやり方があるんだね!
 
コーヒーサムライ
うん^^でもキャンプには「軽量系のコーヒー雑貨」を選ぶのもいいよね!

コーヒープレスで楽しむ

フレンチプレス

ドリップコーヒーよりも豆本来の味わいを求めるキャンパーさんは、「コーヒープレス」という選択肢もおすすめです。
コーヒープレスは、「フレンチプレス」と呼ばれることもあります。
『浸漬式(しんししき)』という淹れ方の代表格です。
ぐるぐると円を描きながら粉全体にお湯が掛かるように注いでいきます。(2回に分けて注ぐのがポイント)
4分経ったら、プランジャーを下げれば完成なので、とても簡単です。
ただし、後片付けが若干面倒であることと、大量に作れないといったデメリットがあります。

 
コーヒーサムライ
コーヒーオイルをダイレクトに味わうことができるから、好きな人は大好きな淹れ方だね!
 
大五郎
紅茶やハーブティーでもフレンチプレスって使うよね^^
 
コーヒーサムライ
そうだね^^馴染のある道具かもしれないね^^

マキネッタ(直火式エスプレッソマシン)で楽しむ

マキネッタ


「コーヒーも好きだけど、違った味わいも楽しみたい」といったキャンパーさんにおすすめなのが、
「マキネッタ(直火式エスプレッソマシン)」です。
コーヒー豆と水を入れて直火にかけるだけなので、とても簡単です。
まるでカフェで飲むような本格的な味を楽しめます。
エスプレッソとして味わうこともできますし、カフェラテやカプチーノなどにも応用できます。
ちなみに、エスプレッソとして飲む場合には、専用のカップに砂糖を入れて飲みますが、「混ぜない」ことがポイントです。
混ぜてしまうとせっかくの香りが飛んでしまうので、混ぜずに飲むようにしましょう。
そうすることで飲むごとに甘みが変わり、飲むごとに違った美味しさを味わうことが可能となります。
 
コーヒーサムライ
マキネッタはイタリアでは『一家に一台』いや、一家に数台!あるといわれる器具なんだ^^
 
大五郎
へーーーそれはすごいね!さすがエスプレッソ王国!
 
コーヒーサムライ
マキネッタで淹れるコーヒーは濃厚で美味しい!ミルクと合わせてカフェラテなんかもうまるでカフェだね!

パーコレーターで楽しむ

粗挽きしたコーヒー豆を使用した「パーコレーター」で作るコーヒーは、まさに「通」の楽しみ方です。
香りが引き立ち、自分たちのいるエリアにコーヒーの良い香りが広がります。
この香りを楽しむのが何より幸せと感じるキャンパーさんもいるくらい、飲む前から幸福感に包まれます。
加熱し、内臓のパイプに何度もお湯を循環させて抽出します。
珈琲の苦みを楽しみたい人にとっては、最高のコーヒーとなるはずです。
「苦いコーヒーは苦手」といった人におすすめなのが、牛乳と混ぜて作るカフェオレです。
一般的なカフェオレよりもコーヒーが強めに仕上がるので、特別感を味わうことができることでしょう。
 
コーヒーサムライ
昔はこれぞ「キャンプコーヒー」!とイメージされるほど代表的なキャンプでの淹れ方だね^^
 
大五郎
恰好いい淹れ方だねー
 
コーヒーサムライ
そうだね^^登山でもよく見かける淹れ方だね!

フィールドコーヒーを楽しむ

日本ではあまり聞き慣れないコーヒーの淹れ方なのが、「フィールドコーヒー」です。
この淹れ方は、元々北欧で飲まれていたものです。
濃くて苦めのコーヒーが好きというキャンパーさんにおすすめです。
ケトルでお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて挽いたコーヒー豆(粗挽き)を入れます。
15分以上放置することで、コーヒーの粉が次第に沈殿していきます。
粉が混ざらないように気を付けながら、ゆっくりとカップに注いでいきます。
元々が野外で仕事をしていた人たちが飲んでいたコーヒーだったこともあり、かなりワイルドな飲み方ですよね。
しかし、そのワイルドな感じがアウトドアレジャーのキャンプと合うので、一度飲んでみると病みつきになってしまうでしょう。
 
コーヒーサムライ
以前インドネシアに行ったときに、現地の方がこの方法で淹れていて衝撃だったね^^
 
大五郎
ワイルドだなー
 
コーヒーサムライ
コーヒーの歴史を感じる淹れ方だよね^^
 

まとめ

今回は、「キャンプでおすすめのコーヒーの淹れ方」について解説してきました。
・ハンドドリップ
・コーヒープレス
・直火式エスプレッソマシン
・パーコレーター
・フィールドコーヒー

今までキャンプ場でインスタントコーヒーを飲んでいたキャンパーさんにとっては、
「そんなにいろいろな淹れ方があるんだ」
と驚きかもしれません。
キャンプに行く機会があれば、ぜひ本格的なコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか?

キャンプコーヒーおすすめの淹れ方動画集

PR