コーヒーとお湯の温度

※ここで記載されているテイストの違いは、豆の種類、焙煎度合、焙煎士の違い(焙煎のやり方)に左右されます。

あくまで一般的なイメージですので予めご了承ください。
焙煎が粗雑である場合や、経時劣化によって酸化してしまったコーヒーは
「90℃以上」の高温で抽出しなくては、
味そのものが希薄なものになる場合があります。

低温

80℃以下の低温では、酸味がやや強くなり、苦味がぼやけてきます。
購入したコーヒーが苦いと感じるようなら、湯温を下げて抽出してみると調整できます。

適温

82~85℃での抽出がバランスよい抽出の適温と考えます。(あくまで推奨です)
酸味と苦味、香りのバランスがベストに抽出される温度帯で、これを基本に好みで調節してみてください。

高温

85℃以上の高温では、苦味が強く出やすくなります。
雑味(エグ味)も短時間で出やすくなるため、ドリップ方法も気をつけて抽出してください。
苦味が好きな方以外には推奨できません。

​ですが、劣化が進んだ豆には「高温」が適している場合もあります。