コーヒーの香り

コーヒーを焙煎するときの「香ばしい」香りが好きだ。
特に焙煎し始めてまだ、浅煎りにもなっていない状態で発する「豆のような」香りがまた心地よい。
焙煎し終わり、まだ新鮮なままの焙煎豆を
手挽きのミルで挽くときの「喫茶店」のような香りもたまらない。
香りだけに焦点を当てるならば、手挽きミルもあえて「フタのない機種」を選ぶと、ふんわりと香りが広がる。
コーヒーの歴史が始まり、はるか昔にはお金持ちだけの嗜好品だったらしい。
今は誰もが気軽に手に入れることができる「ブラックダイヤ」だ。
道具も進化したため、比較的誰でもある程度の味を引き出すことができる。
自宅で美味しいコーヒーを淹れる。
それだけで人生の時間が豊かになる。