注目キーワード
  1. コラボ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE

自宅でエスプレッソをする時に使用するコーヒーミルについて

最近は自宅で『エスプレッソ』を淹れる人が増えてきた気がします。
ホームユースのエスプレッソ器具も各メーカーから色々とリリースされてきましたが、
9気圧をしっかりだせるものはまだまだ少ないと感じます。
その中でかなり気合いが入っているな、と思っているのは下記2アイテムです。
過去わたしもYoutubeにて動画にしたことがあります。

★Flair Espresso Japan(フレアエスプレッソジャパン公式)
https://flairespresso.jp/

もう一つは


そんな中でこんな質問をいただくことが増えてきました
『エスプレッソを淹れたいのでタイムモアC2での挽き目を教えてください』
『自宅でエスプレッソをするときにオススメのコーヒーミルはなんでしょうか?』
など。

まず『エスプレッソを淹れたいのでタイムモアC2での挽き目を教えてください』
に関して、
説明書上は

現在のTIMEMORE「Cシリーズ」に関しては上記のような挽き目になっているので、
C2ならば説明書上での一番「細挽き」という選択肢もあると思います。
ですが、いつも私がお話しすることは
「軽く筋トレになりますよ?」
ということ。
つまり、手挽きミルで『極細挽き』で挽こうとすると、それだけ負荷がかかるということ。
手挽きミル全般的に個人的には『エスプレッソ』で使用するにはしんどい。
という結論です。(好きな方はいいですが)

ではどうしたらよいか。
『電動グラインダーがいいと思います』
どうしても手挽きでやりたい!という方はこんなグラインダーもあります。

このハンドグラインダーは比較的早く挽くことができ、力も入りやすいです。

では次に『自宅でエスプレッソをするときにオススメのコーヒーミルはなんでしょうか?』
さきほども申した通り、『電動グラインダー』がいいと思います。
できれば『マッツァー』のような半業務用がもちろんいいに決まっているのですが、
ホームユースでその価格はあり得ないですよね・・・
ということで
『ホームユースでエスプレッソ向きな電動グラインダー』をいくつかご紹介します。
※ただし、エスプレッソ器具により対応しない場合もありますのであしからず。

■Ren togisumasu の『標準タイプ』のほうです。
『ドリップ用』という機種もありますがエスプレッソ方面にも使用するならこっちがいいです。
セラミック刃ですがしっかりとしたグラインド能力で、台湾ではすごく売れている電動グラインダーです。
低速で挽くため、スピード感はないですが、丁寧に挽いてくれるのも好感がもてます。
ちなみにわたしは「Flair PRO 2」で実際に使用しました。挽き目は「4」でした。

■ASCASO アスカソ i-mini grinder
エスプレッソ用のコーヒーグラインダー。
10年くらい前に一部流行っていた「アスカソ」エスプレッソメーカーの傍らにあったグラインダーです。
挽き目はすごくよいのでエスプレッソ向きといえます。

■cores コレス コーングラインダー C330
抜群の万能グラインダーです。
まずドリップ用としてはコスパ抜群の機種。高性能ステンレス刃で分解も楽。
それをこの価格で出したのか!と当時はビックリしました。
一応『極細挽き』まで対応していますので掲載しましたが、
1つ注意点としては
「Flair PRO 2」では一番細い設定「1」でも緩くて使用できませんでした。
ある程度挽き目のレンジが広いエスプレッソ器具用になります。
なので『マキネッタ用』として掲載しました。

『本格エスプレッソ』と『マキネッタ』の違いについてはまた他の記事にて。