注目キーワード
  1. キャンプ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE

コーヒー豆の「産地」と「焙煎具合」の解説とおすすめのコーヒー豆3選

皆さんの自宅の近くにコーヒーショップはありますか?
最近ではよほど地方や離島でない限りは、コーヒーショップが生活圏内にあるはずです。
(「カルディ」が出店している大型ショッピングモールも多いですよね)
しかし、コーヒー豆はとにかく種類が多いので、「どの豆を買えば良いのか分からない」といった人も多いはずです。
近年のキャンプブームによって、「キャンプで本格的なコーヒーを味わいたい」と思っている人も増えてきています。
この記事では、そんな人におすすめの「コーヒー豆の産地と焙煎具合」「おすすめのコーヒー豆」について解説していきたいと思います。

 
コーヒーサムライ
焙煎店さんで色々な豆を試すことで自分の好みが見つかるかもしれないよ^^
 
 
大五郎
コーヒー焙煎店さんでコーヒーを買うなんて、なんかおしゃれな気分^^
 

コーヒーは「産地」と「焙煎具合」で選ぶ

あまりコーヒーに詳しくない人は、まず、「産地」「焙煎具合」をチェックして好みの味を探していきましょう。
それぞれ解説していきましょう。

産地

コーヒー豆の品種は、主に「アラビカ種」「カネフォラ種」に分かれます。
イメージ的には、「甘いフローラルな香り=アラビカ種」「苦みや渋み=カネフォラ種」です。
しかし、現在の日本ではアラビカ種が主となっているので、品種だけではなかなか自分好みのコーヒー豆を選べないかもしれません。
それゆえに、「産地」による味の違いを意識して選ぶ方法をおすすめします。

アジア系産地のコーヒー豆

アジア系の産地は、インドネシアやタイ、ベトナム、中国といった国が有名です。
深めの焙煎が合うコーヒー豆が多く、コクが強い(ボディが強い)という特徴があります

中米系のコーヒー豆

中米系の産地は、軽くてほのかな酸味が特徴で、非常に風味が豊かです。(フローラルな風味)
グアテマラやメキシコ、コスタリカ、ドミニカ、ジャマイカ、キューバなど、コーヒー豆の生産が盛んな国が多くなっています。
コクの強さは国によってばらつきがあります。

南米系のコーヒー豆

南米系の産地は、ナッツ系の風味が強く、王道の「コーヒー感」を感じることができます。
ブラジルやコロンビア、エクアドル、ペルーなど、中米と同じくかなりコーヒー豆の生産が盛んです。

アフリカ系のコーヒー豆

アフリカ系の産地は、豆によってかなり特徴に違いがあり、浅煎りから深煎りまで適応可能です。
果実味を感じ風味が強い傾向にあります。
エチオピア、タンザニア、ケニアといった国が有名です。

焙煎具合

焙煎とは、コーヒーの生豆に熱と圧力を掛ける工程のことを指します。
「ロースト」とも呼ばれています。

浅煎り

浅煎りは、その名の撮り焙煎時間を浅く(短く)したものです。
「ライトロースト」「シナモンロースト」という2種類があります。
酸味が少ない味わいが特徴です。

中煎り

中煎りは、浅煎りよりも長く焙煎をしたものです。
「ミディアムロースト」「ハイロースト」という2種類があります。

深煎り

深煎りは、中煎りよりも更に長く焙煎したものです。
「シティロースト」「フルシティロースト」という2種類があります。
酸味よりも苦みが大きくなる特徴があります。

極深煎り

極深煎りは、コーヒー豆を最も長く焙煎したものです。
「フレンチロースト」「イタリアンロースト」という2種類があります。
非常に苦みが強いという特徴があります。

初心者におすすめのコーヒー豆

それでは、ここまでの産地と焙煎具合の解説を踏まえたうえで、おすすめのコーヒー豆を挙げていきましょう。

タンザニアの「キリマンジャロ」

コーヒーの苦みが苦手という人におすすめなのが、タンザニアの「キリマンジャロ」です。
日本でもかなり有名なコーヒー豆なので、知っている人も多いかと思います。
中煎りがおすすめです。
香りも良く、金額的にもそれほど高くありません。

ジャマイカの「ブルーマウンテン」

この「ブルーマウンテン」も非常に知名度の高いコーヒー豆ですよね。
特徴としては、「香りが非常に高い」という点が挙げられます。
最高級コーヒーの1つで、価格は若干高めですが、酸味と苦みのバランスも良く、上品な味わいとなっています。
中煎りがおすすめです。
香りが強いので、多くのコーヒーショップではブレンドで販売しています。

インドネシアの「マンデリンフレンチ」

この「マンデリンフレンチ」は、知名度はそれほど高くありませんが、「苦みが好き」という人にはおすすめのコーヒー豆です。
苦みだけでなくコクも深く、香りも豊かです。
深煎りがおすすめです。
価格的にもそれほど高くはありません。
「コーヒー豆本来の味を存分に味わいたい」と思ったならば、このコーヒー豆を選んでみましょう。

まとめ

今回は、「コーヒー豆の産地と焙煎具合」「おすすめのコーヒー豆」について解説してきました。
あまりにも種類が多くてどういったコーヒー豆を選べばよいか分からないといった人は多いものです。
ここで挙げた「産地」「焙煎具合」を参考にして、ぜひお気に入りのコーヒー豆を選んでみましょう。

PR