【質問】ビアレッティブリッカの『フタ』はなぜ窓に穴があるのか。

通常のマキネッタ「モカエキスプレス」と比べたときですが、
ブリッカの蓋とモカエキスプレスの蓋が根本的に違うのは
「ブリッカは抽出時に飛び散る可能性は低いから」なんです。

ん?逆じゃない?

と思うかもしれませんが、
ブリッカが吹きこぼれるのは、根本的に「水の量」を間違えていることが 要因と考えられます。

逆にモカエキスプレスは「コーヒー粉の詰め度合い」で飛び散る可能性が 高いです。
なので「窓」がありません。
また、「クレマができない」ので急いでカップに移す必要もありません。

ブリッカのフタに穴が開いているのは
コーヒーの香りをより拡販するためと 出来上がったクレマをより早く確認でき、
素早くカップに移せるためと推測します。
ブリッカのクレマは基本的に「粗め」なので、
素早いカップへの移動が必要でした。(第2世代までは特に)

余談ですが、私が紹介した初期型よりもっと前に 「透明のアクリル製の窓」がついていた頃があったそうです。