コーヒー豆の焙煎

コーヒー豆は、焙煎によって、苦味・香り・酸味が変化します。 
日本では、「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3段階に分けられています。 

アメリカ式では、「ライト」が一番浅く、「イタリアン」が一番深い焙煎です。
簡単なイメージとしては、
・ライトコーヒーが「アメリカ式」
・濃厚コーヒーが「イタリア式」

例えば、アメリカンコーヒーは、浅煎りから中煎りまでの豆を使います。 

イタリアンコーヒーは、アメリカ式焙煎の度合いにも表されるように、

「油が浮くほどに深く焙煎された豆」

を使用します。

マキネッタはエスプレッソに近いテイストを実現するため、

深煎りがおすすめです。