「ペーパードリップ」と「ペーパーレスドリップ」の話

■ペーパードリップはいわゆる「コーヒーフィルター」を使用してドリップすること。
大きく分けて2種類
「円錐」「台形」
それぞれ対応するドリッパーが異なる。
■一方「ペーパーレス」は主に「ステンレスフィルター」を用い、フィルターを使用しないドリップ。
大きく分けて2種類
「シングル」「ダブルメッシュ」
他「ゴールドフィルター」という純金メッキを施した「よりコーヒーの味わいに影響しない」優れものもある。

この2つの淹れ方の違いは、「コーヒーオイル」だ。
コーヒーはオイルがある。
ペーパードリップは、「紙」がコーヒーオイルを吸うため、「スッキリ」としたドリップ。
ペーパーレスは、「コーヒーオイル」をそのまま抽出するため、コーヒー本来の味を引き出す。

賛否両論があり、コーヒーが苦手な人には「ペーパーレス」は強烈すぎるかもしれない。
だが、より「オイリー」でトロっとしたテイストになるため、コーヒーファンの中で使用する人も多い。

「同じ豆」でも、 この2つの淹れ方で大きく味わいが変わる。
コーヒーの面白いところはそこである。