『ビアレッティ ブリッカ』(BIALETTI Brikka)の軌跡をたどる

マキネッタの中でも『クレマ』を形成する特殊な機種。
この機種がでてきた当初すごく驚いた記憶が残っている。
初期型は『暴れん坊』で、抽出があまり安定しないことも多く、
すぐに廃版になるかも、と思っていた。
しかしその後ブリッカはいくつかのマイナーチェンジと共に大きく改定された。
弱点を少しずつ修正し、
現在の機種「7312」「7314」ではかなりの抽出安定とクレマの向上が見られる。
ビアレッティがこの『ブリッカ』という機種を育てよう、という気概を感じる。

※動画内の『初期型』『第2世代』『第3世代』などの呼び方は
「オリジナル」ですので 一般的な言い方ではありません。

【chapter】
00:00 オープニング
00:25 マキネッタ(mokapot)について
01:20 ブリッカのサイズについて
02:00 ブリッカの3段階進化について『初期型』概要
03:15 ブリッカの3段階進化について 『初期型からの進化の過程概要』
04:35 『初期型』について 
06:00 『第2世代』について
07:20 『第3世代』について
09:20 まとめ

ブリッカ初期型:
2カップ用=1938(メーカー品番)
4カップ用=0534(メーカー品番)

ブリッカ第2世代:
2カップ用=6782(メーカー品番)
4カップ用=6784(メーカー品番)

ブリッカ第3世代:
2カップ用=7312(メーカー品番)
4カップ用=7314(メーカー品番)