注目キーワード
  1. コラボ
  2. ビアレッティ
  3. TIMEMORE
TAG

エスプレッソ

エスプレッソ

イタリア語で「早い、急行」の意味。数十秒と短い時間で約30ccを抽出する。イタリアのバールでは砂糖たっぷり加えて立ち飲みで楽しむスタイルが多い。 深煎りでパウダー状(極細挽き)に挽いたコーヒー豆を、加圧状態9気圧程度で抽出される。 通常のコーヒーと比べて極めて濃厚。イタリアでは砂糖を入れて飲むのが一般的。 豆に含まれるカフェインの含有量はドリップ用の焙煎に比べ少ない。また一杯の量が少ないため一杯当 […]

【ROK ロック EspressoGC】シンプル設計の手動エスプレッソマシン with ROK ロック GrinderGC

パーツがシンプルで使いやすい『手動エスプレッソマシン』 ROK(ロック)EspressoGC エスプレッソ系に特化したコーヒーグラインダー ROKグラインダーGC と組み合わせて作るエスプレッソはまさに『うちカフェ』。 濃厚なエスプレッソをストレート、またはカフェラテで。 【chapter】 00:00 オープニング 00:25 概要説明   01:25 エスプレッソを淹れよう 04:00 飲んで […]

Flair Espresso Maker The NEO でエスプレッソを淹れる&PRO2との違いについて

※The NEOには「PRO2」のような「セミハードケース」は付属しておりません。 本来エスプレッソという飲み物は大型のマシーンにて 「9気圧」 の圧をしっかりかけ、深煎りコーヒーと挽き目調整がされた上で 美味しい液体になる、といったもので、 一言で「エスプレッソ」といっても実は奥が深い。 今まで「ホームユース」ではなかなか本格的に抽出するのが難しかった。 だが、このFlair Espressoは […]

自宅で本格エスプレッソ!Flair Espresso Maker「Flair PRO 2」with Ren togisumasu Coffee Grinder

ホームユースで本格的「エスプレッソ」を入れることは難しい。 マキネッタは「約2気圧」 カミラは「約5気圧」 程度といわれている。 コンパクトな手動式エスプレッソメーカーは、なかなか本格的味に到達するのは難しい。 そんな中、この「Flair espresso」が注目された。 レバー式の手動マシンで、ホームユースで使用できるタイプ。 今回はそれを使用してみた。 【登場した道具】 ■Flair Espr […]

続・Kamira カミラ 直火式エスプレッソメーカー 使い方3つのコツ

※2020.10.02時点でのカミラの解説です。(カミラは予告なく仕様が変更になる場合があります) イタリアのバールで飲んだエスプレッソは最高だった! エスプレッソというと、ドリップコーヒーとは全く違う濃厚で深みのある嗜好品だ。 バリスタさんが見事な手さばきでポルタフィルターにコーヒーをセットし、エスプレッソマシンを操作して濃厚な液体を抽出する。 その姿はとても恰好いい。 もちろんバリスタさんによ […]

【日本人感覚の解説】Niche Zero ニーシュゼロ コーヒーグラインダー

本格「エスプレッソ用」にもおすすめの電動グラインダー。 最初使用するときは少々わかりづらかったが、やり方がわかれば簡単に使用できる。 挽き目調整は「日本人感覚」からすると若干戸惑いもあった。 だが、この粒度(メッシュ)の均一性はすさまじい! 業務用でも使用できるであろう大きめのコニカル刃は、摩擦熱を抑えつつもスピードをなるべく落とさぬよう63mmの大きさ。 分解してみると、実は「MAZZERマッツ […]